国民健康保険税

トップ > 暮らし・環境 > 税金 > 町税の種類 > 国民健康保険税

国民健康保険税

納税義務者

国民健康保険税の納税義務者は、住民票上の世帯主になります。

世帯主が勤め先の健康保険に加入している場合や、後期高齢者医療制度の方などで国民健康保険に加入していなくても、世帯内に国民健康保険加入者がいれば世帯主が納税義務者となります(擬制世帯主といいます)。

国民健康保険税の計算方法

加入者全員の算定項目に応じて1年度分(4月から翌年3月まで)を計算しますが、年度途中で加入や脱退をした場合は月割で計算されます。

平成28年度の税率
項目 医療給付費分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
所得割 基準所得×10.50% 基準所得×2.60% 基準所得×1.50%
均等割 人数×38,000円 人数×12,000円 人数×12,000円
平等割 一般 世帯 44,000円 世帯 10,000円 世帯 10,000円
特定世帯 世帯 22,000円 世帯 5,000円
特定継続世帯 世帯 33,000円 世帯 7,500円
限度額 540,000円 190,000円 160,000円

国民健康保険税の構成

特定世帯・特定継続世帯

特定世帯とは、国保の被保険者が後期高齢者医療制度へ移行し、もともとの世帯の国保加入者が一人になった世帯のことをいいます。

特定世帯となった月から5年間、国保税の平等割が2分の1になります。

ただし、途中で世帯主変更があった場合は適用外となります。

特定継続世帯とは、特定世帯が5年を経過した月の翌月も特定世帯と同様の要件を満たしている場合について、その後の4月1日から3年間、平等割の4分の1が軽減されます。

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 税務課 課税係
〒088-1592 北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35番地1
電話番号:0153-62-2173

お知らせアイコン