加入者が出産したとき

トップ > 暮らし・環境 > 年金・保険 > 加入者が出産したとき

出産育児一時金

国民健康保険に加入している人が出産したとき、404,000円が支給されます。出産が妊娠12週(85日)以降であれば、早産・流産・死産の区別なく支給されます。 (産科医療補償制度に加入している病院等で出産した場合は、420,000円が支給されます。)

出産育児一時金の支給方法

出産育児一時金は「直接支払制度」を原則としており、浜中町国保から病院などに直接、出産育児一時金が支払われる制度です。これにより加入されている方は、出産費用から出産育児一時金を引いた残りの額を支払うだけになります。

なお、出産費用が出産育児一時金を超えない場合は、差額分を支給いたしますので、申請してください。

【申請に必要なもの】

平成28年1月からは、国保の申請書などに世帯主と対象となる方のマイナンバー(個人番号)の記入が必要となりますので、窓口にお越しになる際は、マイナンバーが確認できる書類をお持ちください。

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 町民課 保険年金係
〒088-1592 北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35番地1
電話番号:0153-62-2187

お知らせアイコン