国民健康保険(国保)について

トップ > 暮らし・環境 > 年金・保険 > 国民健康保険(国保)について

国民健康保険制度について

 国民健康保険(国保)は、病気、けがに備えて、加入者(被保険者)のみなさんが保険税を出し合い、そこから医療費などを支払う相互扶助の制度です。

 国保は、職場の健康保険(健康保険組合、共済組合など)に加入している人、後期高齢者医療制度の対象となる人、生活保護を受けている人以外は、すべて加入者となります。

自己負担割合

 保険証を病院などの窓口に提示することにより、一部の負担で診療を受けることができます。

 なお、70歳以上の方には負担割合が記載された「高齢受給者証」が交付されますので、保険証と一緒に提示してください。

年齢 自己負担割合
義務教育就学前 2割
義務教育から70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 現役並み所得者 3割
現役並み所得者以外で
昭和19年4月2日以降に生まれた方
2割
現役並み所得者以外で
昭和19年4月1日以前に生まれた方
1割

(ご注意)「現役並み所得者」とは同一世帯に70歳以上の加入者で課税所得が145万円以上の方がいる場合で、同一世帯の70歳以上の方すべての負担割合が3割となります。ただし、一定条件の方は2割又は1割(生年月日により異なります。)になります。

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 町民課 保険年金係
〒088-1592 北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35番地1
電話番号:0153-62-2187

お知らせアイコン