犬の登録と正しい飼育について

トップ > 暮らし・環境 > 環境 > 犬の登録と正しい飼育について

犬の登録について

狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主は、新たに犬を取得した場合には、犬の登録をしなければなりません。登録が完了すると、鑑札が交付されます。この鑑札で飼い主等がわかりますので、首輪等に必ずつけましょう。

また、下記の場合、犬の飼い主の方は、町への届出が必要です。

犬の正しい飼育について

犬の放し飼いは、やめましょう!

「浜中町畜犬取締及び野犬掃とう条例」に基づき、犬を飼う場合は、必ずけい留(注意1)しなければなりません。放し飼いは、犬の苦手な人に恐怖を感じさせ、また噛まれる等の事故の原因にもつながります。

放し飼いの犬を見つけた場合、条例に基づき捕獲に努めますが、人や家畜への危害防止にあたり緊急を要する場合などは、野犬とみなし処分をしますのでご留意ください。

(注意1)けい留とは…
人や家畜に危害を加えないように、犬を固定した物に丈夫な綱・鎖等でつなぎ、檻に入れ囲いなどを設けて収容することをいいます。

犬の散歩時のフンは、必ず後始末をしましょう!

道路・歩道・公園等が犬のフンで汚れているとの苦情が寄せられます。犬を散歩させる際には、必ずフンの後始末をする道具を持参し処理してください。

また、お互いに声をかけ注意しあい、マナーある散歩・飼育をしましょう。

犬を捨てないで!

犬を家族同様の愛情と責任を持って終生飼育しましょう。

野犬は、もともと飼い犬です。無責任な飼い主が野犬を増やしています。むやみに犬を増やさないように飼い犬の避妊・去勢手術をご検討ください。

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 町民課 生活環境係
〒088-1592 北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35番地1
電話番号:0153-62-2192

お知らせアイコン