心身障害者扶養共済制度

トップ > 健康・福祉・医療 > 福祉 > 心身障害者扶養共済制度

心身障害者扶養共済制度

 

1 制度概要

 心身障害児(者)を扶養している人(保護者)が加入し、一定額の掛金を納付することにより、加入者が死亡または重度障害になったとき、障害児(者)に、一定の年金を生涯を通じて支給し生活の安定を図ろうとする制度です。

 

2 対象者

 身体障害者(1~3級)または知的障害者、精神障害者の保護者で次の要件に該当する人。

(障害者の年齢は問いません)

  1. 加入しようとする人(保護者)の年齢は65歳未満であること。
  2. 加入しようとする人(保護者)は特に疾病や障害がなく健康な状態にあること。
  3. 障害者は将来独立自活困難な状態にあること。

 

3 助成内容

加入者が死亡または重度の障害状態になった場合、障害者に年金が支払われます。

加入者は加入時の年齢によって掛金が固定され、一定年数掛金を納めます。(所得により掛金が減額または免除となります。)

 

4 給付金

加入者が死亡または重度障害になった場合 毎月20,000円

(2口加入の場合は40,000円)

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 福祉保健課 福祉係
〒088-1513 北海道厚岸郡浜中町霧多布東3条1丁目12番地1
電話番号:0153-62-2305

お知らせアイコン