議会のしくみ

トップ > 町の組織 > 議会事務局 > 議会のしくみ

議会の役割

 私達が暮らす浜中町を豊かで魅力あるまちにするためには、みんなで話し合って決めることがもっとも望ましいことです。そこで町民の代表者として「町議会議員」や「町長」が選挙で選ばれ、議会制民主主義の方式で運営されています。
 町議会では、選挙で選ばれた議員が、町民生活の中でのいろいろな問題の解決策を考えたり、町の予算や条例(きまり)など町政を進めていく上での大切な事柄を決めています。 このため町議会は「議事機関」とよばれています。一方、町議会で決められたことを もとに、実際の町政を進めていくのは町長で「執行機関」とよばれています。

 

町議会議員

 町議会議員は、選挙で選ばれます。浜中町の議員数は 12 人、任期は4年で平成 27 年 5 月1日から平成 31 年 4 月 30 日までです。 

 

議長と副議長

 議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれ、対外的に議会を代表し、議会内では、議 事の運営などをします。副議長は、議長が欠けたり、議長に事故があるときその代わりを 努めます。 

 

本会議

 本会議は、議会議員全員が集まり、意思を決定する会議です。本会議では町側(執行機 関)から提案された議案の質疑、討論、そして採決を行います。
また、町政運営の姿勢に ついて質問できるほか、町議会の意思を決める大切な役割を持っています 本会議は、年4回定期的に開催される定例会(3月、6月、9月、12 月)と、必要に応 じて開催される臨時会があります。 

 

委員会

 委員会には、本会議から付託された議案の審査などを行う常任委員会、議会の運営方法 などを協議する議会運営委員会、また、必要に応じて設置される特別委員会があります。 浜中町議会には総務経済・社会文教の2つの常任委員会があり、議員はいずれかの委員 となって専門的に議案等の審査等を行っています。

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町議会事務局
〒088-1592 北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35番地1
電話番号:0153-62-2220

お知らせアイコン